FXSuit 大量ロスカット事件のまとめ

FXSuit 大量ロスカット事件とは

 FX 業者である FXSuit を使用していた客が、2020/10/26 早朝にスプレッドが4円近く開いたことによる大量ロスカットが発生した事件である。

この業者は saekinomao 氏をはじめとする一部の日本人の手引きで「3すくみスワップ」と呼ばれる HYPE 案件のように勘違いされて扱われていたため、日本人客が大騒ぎすることになった。

この事件発生の経緯はちょっと複雑であり、順を追って説明すると以下の通りとなる。

 

FXSuit 3 すくみスワップとは

 saekinomao 氏は FXSuit 社の幹部と直接交渉することで、日本人向けにスワップが有利な特別口座サービスを実現させた。内容は、くりっく365やインターバンクのように売りも買いもスワップが同額であり、かつその額を大きくするというものである。

 この背景には、海外トレーダーはトレードで稼ぐことがメインだが、日本人はスワップで稼ぐことが好きなこともあり、スワップ金利が大きい口座サービスを低行すれば、日本人客が呼び込めるというものである。

 トレードがない分会社の手数料収入がなくなるが、そこは 30% という高い出金手数料を取ることでカバーしていた。

 ただし、この提案には毒針が仕込まれていた。

 売りも買いも同額のはずのスワップが、EURUSD, USDJPY, EURJPY のように売り買い数量が釣り合う買い方をすると、スワップの合計がプラスになる組み合わせが存在することになった。つまり、スワップ金利を有利に歪めたがため、損をすることなく利益を得ることができることになった。

 この3通貨ペアが均衡を取った状態でスワップだけを取るやり方を「saekinomao 式スワップ」または「3 すくみスワップ」とよび、一部の人の間に知られることになった。

 

アフィリエイトプログラムで歪んだ拡散が起きた

 FXSuit 社はこの日本向けの口座を広めるため、アフィリエイトプログラムを実施していた (おそらくこれは saekinomao 氏の提案と思われる)。紹介者には口座金額の 10% が支払われる。この3すくみスワップを目的とした場合、損失がないままに利益が倍々増えていくことから、個々の入金額は比較的かなり多めであり、これがアフィリエイターにとってもかなりオイシイ仕組みとなっていた。

 当の saekinomao 氏も自分の紹介で口座を作ると、Amazon ギフト券 1 万円をプレゼントするという企画まで作って、新規口座の勧誘がメインとなっていた。

このことから、アフィリエイターたちは「3すくみスワップ」「saekinomao 式スワップ」のみを売りにして新規口座開設者を勧誘し、FXSuit がまるで3すくみ専用サービスの会社であるという認識ができることになった。

 特に 2020 の中頃に口座を作った者たちは、ほとんどこの経緯を知らず、FXSuit がスワップ金利で増えていくことを 保証しているという勘違いをしていたものと思われる。

 

Saekinomao 氏の失踪と新3すくみ

 2020 5 月末、Twitter を中心に活動していた saekinomao 氏は忽然と姿を消す。同時期に、FXSuit 内で豪ドルを組み合わせたより利益率の高い3すくみの組み合わせが出てきて「新3すくみ」と呼ばれるようになった。

また、業者の違いあれど「かえる式3すくみ」や「アキラが考案したスワップ」など、実質的に同じ仕組みを自分がオリジナルだという者が乱立し、ついには saekinomao という名前がネットから消えた。つまり、この 3 すくみスワップが独り歩きし始めたのである。

「新3すくみ」がでるころには、日本人 FXSuit ユーザーはレバレッジ500 倍をフル活用し、極限までポジションを持つことで利益を追求していた。キワキワまでポジションを持つことで、月利は 60% を超えることになった。噂が噂を呼び、日本人は我先にと口座開設と勧誘活動に走った。中には借金までして3すくみにお金を投じるものまで出た。

 

事件発生

 2020 10 26 日早朝、突如、日本人の口座がすべて残高マイナスの状態ですべてのポジションが決済された。理由は、夏時間から冬時間にシステムを切り替える際に、取引を停止することなく実施したため、一時的に全通貨のスプレッドが 400pips 以上開いたためである。

ほとんどの人が 500 倍のレバレッジをフル活用していたため、数千万円級のマイナスでロスカットとなり、多くの人が夢見た無限ATMが突然消えることになった。

 

事件後の FXSuit の補償と日本人の勘違い

 本件は、客観的に見えれば FXSuit に補填義務はない。だが、FXSuit は初期入金額を目安に口座残高を回復させるという暫定策を講じた。

 しかし、多くの日本人はアフィリエイターや Twitter の情報から、「3すくみスワップ」の脳しか持っていない。火をつけた saekinomao 氏はもういない。

 日本人にとって、もはや FXSuit の口座とは金利 60% の預金口座のようにしか思っていないのである。そのため、この事件に対して過剰な反応を見せ始め、詐欺だの補填しろだの勘違いに染まった意見があふれかえることになった。

 

FXSuit 社はあくまでも FX 業者

 ここで重要なのは、FXSuit 社はスワップ金額が大きいサービスを日本人向けに提供しただけである。3すくみスワップなんて少しも売りにしていないし発言すらしていない (同様の業者である GemForex はこれを売りにしていた)。つまり、一部の日本人が勝手にその制度を悪用し、「3すくみスワップ」なるものを始め、アフィリエイト収入欲しさに広めていただけである。そして、フルレバレッジというハイリスクな状態で勝手に損失を被ったことに対して騒ぎ立てているのである。

 夏時間からの切り替えをシステム停止を行わずに実施したことは、FXSuit 社の不注意と言えるだろう。ただし、これは単なる不注意程度の話である。フルレバレッジで週越しのポジションを持ち、挙句の果てにそのリスクのすべてを FXSuit 社に押し付けようとする日本人顧客はお門違いも甚だしいのである。

 もちろんこの背景には、勝手な3すくみトレードにより「損失が出ない」という脳を作り上げたからである。普通の業者でフルレバレッジで週越しでポジションを持ち越せばどんなリスクがあって、誰が悪いのかは明白である。FXSuit 社は銀行ではない。FX 業者なのである。口座も預金口座ではない。トレード口座だ。FX業者は預かった資金は守っても、顧客自身がマーケットに晒したポジションは、顧客自身が責任を持たなくてはならない。

たとえそれが残った残高をすべて焼き尽くすことになろうとも。

 

 

まとめ

FXSuit「よう日本人。Saekinomao から聞いたぜ。お前らスワップ好きなんだろ?うちは売りも買いも一緒で金額も他より大きいぜ」

saekinomao「お前ら、FXSuit のスワップは売りも買いも一緒だけど、実は3つ組み合わせるとプラスになるという穴があるんだぜ。俺が幹部と交渉して実現したんだぜ。アマギフやるから口座開設しろよ」(チャリンチャリン)

アフィリエイター「てめえら、saekinomao式3すくみって知ってっか?FXSuitならリスクゼロで月利15%だぜ!セコイことしないでレバは500倍だ!ネットの書き込みは信じるな!借金してでもやれよな!あ、うちで口座開設しろよ!」(チャリンチャリンチャリンチャリン)

オマエら「キャー」「ほんとに15%だ!」「増える~!」「毎日残高見るの楽しみ♥」「ヒャッホゥ!」「宴だ宴だ~」「お前もやれよ!」「フルレバフルポジ維持率なんて160%でOK!」「もっと資金を!もっと資金を!」

  → 2020/10/26 事件発生

オマエら「は?」「ナニコレ?」「100万がマイナス1200万?詐欺だろ!」「すべての客の口座がゼロになるとかおかしい!補填しろよ!」「含み益も補填しろよ!」「補填!!」「補填!!」「補填!!」「補填!!」

FXSuit 「なんでこんな話になってるの??」

世間様「レバ500のフルポジ維持率160%で週持越しとかおかしいだろ」「25倍なら刈られなかった程度の開き」「3すくみだから損益ゼロと慢心してただけ」「スーツはお前の頭だろ。あ、スイーツかw」

 

青字は伝言ゲームで新しく付け加えられた情報w

※ ちなみに、レバレッジ500倍フルポジションで維持率 160% というのは、ドル円で言うと 0.2 円 (20pips) 動いたらアウトという状況
スプが400pips 開いたから FXSuit のせい?違うんじゃないの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です