月別: 2019年12月

FXSuit の出金 30% の噂について

Twitter で話題の FXSuit 3すくみスワップ運用で、出金 30% が違法ではないかという疑惑が上がったので、首を突っ込んでみました。

親切な方からIB(紹介ブローカー。いわゆる仲介屋)になるための契約書もいただいたので、いろいろなことがわかってきました。ほぼ、マルサの予想した通りでした

 

まとめると

・直接口座契約者は 30% の手数料を取られるのはおかしい

IB経由の口座契約者には、IBに手数料の説明責任があり、FXSuit にはその責任はない。

ということです。

 

出金すると 30% の手数料がかかる人がいる

 

マルサは以前に出金手数料が30%かかる人とかからない人がいることを書きました(ここ)。普通に考えるとIBは仲介屋であるため、自由な付加サービスを許されている代わり、手数料分が高くつくわけなので、そこを経由すると直接申請とちがって30%の手数料がかかるのだろうと思っていました。

しかし!実際にはIBを経由しなくても30%の手数料がかかった人がいるようです。

 

口座開設の規約(法的文書)を確認してみた

 

口座開設時の規約を見てみると、手数料にあたるものは以下の記載だけです。(各項目とも抜粋です)

 

  • [7.22] クライアントは価格アービトラージを使用した取引を行ってはいけません。Expert Advisor (自動倍場プログラムのこと) やその他の方法で価格アービトラージを使用したばあい、.. .. (iv) 入金額の 10% に相当する管理手数料(最大で200ドル)を請求します。

  • [9.3] クライアントは必要な証拠金を自分の口座に維持する義務があります。FXSuit はクライアントから預託された資産を担保として扱います。送金にかかる銀行手数料を差し引いた資金のみ支払い済みとして入金されます。

  • [17.8] 出金要求で追加の文書 (証明書?) の提出が必要になり、提出文書に不備があった場合、出金処理を取り消し、銀行手数料を差し引いた金額をクライアントの口座に返金します。

  • [18.1] クライアントに提供されるいかなるサービスについても、FXSuit はクライアントから補償はもちろんのこと費用についてもサービス実行中にクライアントから受け取ることができます。

  • [18.2] FXSuit はクライアントの注文による価格差からくるマークアップとマークダウン (純利益、純損失) を請求することがあります。IB によってクライアントの口座が作られた場合、クライアントによって支払われた料金の一部が IB に渡されます。FXSuit 入出金とチェック(Cheque) の手数料のような銀行関連の手数料を請求します。

  • [18.5] 未払いの未払い額について、クライアントの利息に請求します。

  • 会社は、義務付けられている場合、支払いからあらゆる形態の税を差し引くか源泉徴収することができます。
  • [18.8] クライアントは1年間入金やトレードがなかった場合、FXSuit 50 USD の管理手数料を徴収します。口座の金額が50USD に満たない場合、残高すべてを回収し、アカウントを凍結します。

  • [18.9] トレードなしのまま入出金だけが行われた場合、入金された資金の3%の管理手数料を請求します。

 

そして、別の項目には、この手数料がすべてである記載もあります。

 

  • [18.10] 本契約に同意することで、Web にアップロードされた、関連するすべての手数料、費用、資金調達手数料が説明された 「利用規約」をクライアントが 読み、理解し、同意しました。情報はメインWebサイトで入手できます。クライアントが会社と取引を行っている間、および会社に注文する前に、メインWebサイトにアクセスして利用規約を確認するのはクライアントの責任です。

はい、つまり、Web に乗っているこの文書が「すべて」なのです。30% の手数料は入っていません。

少なくともこの文章だけを合意文書とする直接口座開設者には 30% 手数料の支払い義務はありません。

 

 

IB (仲介屋) になるための契約書と IB の義務

 

次に、IB になるための契約書を見てみましょう。しっかりと 30% の出金手数料がかかる旨の記載があります。こちらは公開文書がないので原文ごと乗せましょう。

 (Appendix 1 より)

・The Company shall pay 10% on the overall Net deposit of the Clients introduced by the Introducer provided that;

・If a Client makes a withdrawal from their account within six (6) months from making their initial deposit, a 30% withdrawal fee will be assessed towards the affected account’s Net deposit amount.

()

FXSuit IB から紹介されたクライアント(登録者のこと)が入金した総額の10%IBに支払います。

・クライアント(登録者のこと)が初期入金から6か月以内に出金した場合、30% の出金手数料がかかります。

 

しっかりと記載がありますね。一方で、これに加えて、IB には以下の義務があります。

 

(2.4 項より)

As a mediator, the introducer will do all that is necessary in order for the Company and/or Broker and his Clients to enter into a contract

 

()

・紹介者は、仲介者として、FXSuit または/およびブローカーとそのクライアントが契約するために必要なすべてのことを行います。

 

(2.5 項より)

・The Introducer will carry on his operations and business as an independent contractor and not as an agent or employee or representative of the Company.

 

()

・紹介者は、会社の代理人、従業員、代表としてではなく、独立した請負業者として業務と業務を遂行します

 

(2.6 項より)

・The Introducer acknowledges and agrees that he is responsible for the payment of all relevant duties and/or charges and/or taxes arising from the course of his business.

()

・紹介者は、本契約に基づいて提供されるサービスに関して、受け取った手数料および追加の手数料について紹介したクライアントに通知する義務があります

 

FXSuit 側の免責は以下の通りです。

 

(3.4 項より)

・The Introducer shall translate documents, where needed, for the Company and/or Broker as well as explain to his Clients the services offered by the Company and/or Broker. If applicable, the Introducer shall also act as a translator between the Client and the Company and/or Broker.

 

()

・紹介者は、会社および/またはブローカーのために、必要に応じて文書を翻訳し、FXSuit および/またはブローカーが提供するサービスをクライアントに説明するものとします。該当する場合、紹介者はクライアントと会社および/またはブローカーとの間の翻訳者としても機能するものとします

 

(3.5 項より)

・Without prejudice to the obligations of the Introducer under this agreement and specifically the service of acting as a mediator between the company and the prospective client, the Company is not responsible and has no liability for any advice or recommendation or decision provided by the Introducer to the client.

 

()

・特に見込み客との仲介者業に基づく紹介者の義務を損なわれることはなく、FXSuit は責任を負わず、紹介者がクライアントに提供したアドバイス、推奨事項、または決定に対して責任を負いません。

 

(3.9 項より)

・In the event of any disparity between the claim(s) made by the Introducer and the Company with regards to the introduced Client, the Company shall have the sole discretion in accepting or rejecting the claim(s) of the Introducer.

 

()

・紹介されたクライアントに関して、IB FXSuit が行った主張の間に不一致がある場合FXSuit は紹介者の主張を受け入れるか拒否するかについて、独自の裁量があります

 

(3.12 項より)

・whereby the Introducer undertakes to act as a mediator between the Company and the prospective client for the conclusion of an agreement and for presenting, to prospective clients

 

()

・紹介者は、契約の締結および金融商品の提示のために、当社と見込み顧客との間の仲介者として行動することを約束します

 

はい、まとめると、

IB にはすべての手数料に関する説明義務があり、これはブローカー(独立した請負事業者)としての義務であり、この義務を怠ったからと言って FXSuit は責任を負いません、ということです。

 

つまり、30%の手数料が発生する説明責任は IB (アフィリエイター) にあったわけで、IB経由で口座を開設した人であれば、その責任をIBに対して追及できます。(FXSuit はその責任はありません)

IB の皆さん、大丈夫ですか?

 

自称日本一の仲介屋 saekinomao の反応はどうか?

 

Saekinomao 氏はAmazonギフト券を自腹で配って紹介をしていますが、もちろんこれを経由すると30%の手数料がかかります。

マルサは、マルサと分からないように、こっそり saekinomao 氏にコンタクトを取って口座開設の説明をもらいましたところ、出金手数料30%の話は全く出てきませんでした笑。


あれ?
IBの契約書にはなんて書いてましたかね??Saekinomao さん、契約書ちゃんと読んでいますか?それとも意図的に・・???

ちなみにその後、彼に紹介された人にそのスレッド内で Twitterで返信し、30%のことを言及したところ、見事にマルサの Twitter saekinomao 氏にブロックされました笑

 

なぜブロックの必要があったのでしょうかね。残念ですが、手数料に関する説明を意図的に行わなかったとしたらIB契約違反です

そして、saekinomao 氏から紹介され、かつ、30%の手数料について知らされていない方は、saekinomao 氏にその分の返金を求めてもよいと思います。契約上は正当な権利ですよ。

 

 

IBはもう1系統ある?

 

FXSuit の日本向けスワップ優待口座は、Saekinomao 氏の協力によって実現されました。

以下が本人によるコメントの引用です。

これは某FX会社と折衝して、実現したものです。

このFX会社は、私の長年の仕事仲間の、親しい友人の紹介で知り合いました。

FX会社を立ち上げ、日本で顧客を獲得して成功したいという事で、相談を持ち掛けられました。

そこで私は、ハイレバレッジでも安心して高額スワップを得られる方法を考えて、この会社に提案し、それが実現しました。(saekinomao)

これはマルサの予想ですが、当初、FXSuit には法的文書の通りのきっちりした返金ルールがあったにもかかわらず、日本向けのおかしな特別ルールを作ったために、IB や返金ルールがいびつになったのだと推測します。しっかりしていないFX会社の業界あるあるです。現に外国口座だと出金手数料 30% なんて話はどこにも出ていませんので、きっと海外口座では直接契約をすると30%の手数料を取られていないのです。IB 経由の手数料のルールも違っているのでしょう。いくら何でもこんなに高すぎるのが話題にならないのはおかしいです。

現に、バミューダの住所で FXSuit に口座を作成したという人は、30% の出金手数料がかからなかったという話もあります。

( 奇しくも、マルサが9月に推測で言っていたことが当たってしまったかもしれません。)
また、アフィリエイトリンクも微妙に違うようで、SubIB という項目がついています。それを裏付ける情報が、前回の投稿のコメント欄に届いていました。実名らしきものがあったのでコメントごと非表示のままにしています。(Sasaki 様ありがとうございました)

実は、親IBには入金額の5%、子IBには10%が入ってくる仕組みになってます。ですので、●●氏のリンク以外でも子IBのアフィリエイターから登録しても親には入金があれば自分が動かずとも、ずっと入り続ける仕組みになってます。

確かに、手に入れたIB 向け契約文書内の原文に The Company or Broker という表現があって気になっていましたが、IB の上位にさらに親ブローカーがいるのですね。

そりゃあ、FXSuit は日本国内の営業許可を取れてないので、日本向けだけはブローカーをかませる必要があるでしょう。特に無関係の個人事業主として定義される子IBのほうが必要です。(勧誘は彼らが勝手にやった事で、FXSuit は日本国内での勧誘は行っていないというスタンスになり、戦略としては正しいと思います)

 

つまりはこうです。
* FXSuit は Saekinomao 氏の案で新しいサービスを展開しようとした。
* Saekinomao 氏は展開促進プラス自分の利益拡大のため、IB紹介料を入金額の10%と高額にする案にした。その損失を埋めるため、30%の手数料のルールでカバーした。
* FXSuit が日本で営業活動をしようとしたが、日本の金融庁から許可が下りなかった (ルールがグタグタな上、ねずみ講を誘発するから)。
* そのため、日本人向けには直接自分たちで営業せず、すべてIBからの勧誘にした。
* 日本からは直接の契約を取ってはならないので、直接契約さえもすべて IB 経由という扱いにする必要があった。


IB
経由なんだから、何も知らないオペレーターは 30% の手数料を課するに決まっています。

IB経由でも手数料30%を取られていないという人達は、日本向けに作られたIBの系統にない、依然のルールでできたIB経由ではないでしょうか?

だから、別系統のアフィリエイトリンクも異なっていたのでしょうか?

 

これ、詐欺事案のあるあるですが、だいたい最初から詐欺にしようと思ってるケースはまれで、計画がずさんなために最終的に事業が破綻することが多いのです。そのような組織は、何度も事業を作り出してはうまく行ってないことが多いのです。この Salvax Limited 社も IronFX でトラブル起こしてますね?

 

結局、直接契約者が 30% 取られるのは詐欺なのか?

 

正確には詐欺ではないでしょう。最悪、図太い神経で契約を反故にしただけです。雑なんですよ、ルール作りが。それに、法的文書の最後に以下の記載があります。

本契約およびクライアントと会社間のすべての取引関係は、バミューダの法律に準拠し、本契約に基づいて、または本契約に関連して発生する可能性のある紛争の解決のための管轄裁判所は、バミューダの裁判所とします

文句あるなら、バミューダで裁判するか?」ってことです。海外の裁判なんて数百万かかりますよ。現にこの泣き寝入りを強いられている人たちって、せいぜい200万円以下くらいの人たちですよね?まあ、おそらくどんなに言っても泣き寝入りでしょう。海外の住所か海外のIBから口座を作ればよかったですね。

マルサが推測で言っていたことがドンピシャで当たって怖いです。

マルサの予想では、海外の口座や現地の住所で作った口座なら、法的文書の通り、手数料は取られないと思います。

それなら、紹介者コードをさりげなく外国の人に変更して、サポートも外国のサポートデスクに英語で連絡したらいったいどうなるんでしょうかね?

さすがにマルサは検証したくありませんので、どなたかお願いします。