口座の資金余力が拘束

ghnvxza

株式の特定口座と日径225先物口座で取引をしていたのですが

今回の震災の暴落で先物にマイナスが発生し換金が遅れてしまったので
強制決済となり日経225先物取引の口座が閉鎖されました。
ここまでは他社も同様だったのですが。

1社だけ日経225先物取引口座強制決済されたと同時に
株式の口座の資金余力が拘束されたので損失を蒙りました。

株式は通常4日後となるので
他社では不足額を支払うために自分でうまく決済して調整できたので、何も問題なく解決しましたが
1社だけ株式の口座の資金余力が何の通知もなく拘束されたので全く手が打てませんでした。

いろいろな書面を読み直しても、
日経225先物取引口座が閉鎖されるとはあるのですが
株の口座資金がいきなり拘束される事は
●金融商品取引法および関係法令等法律上問題ないのでしょうか?

知人やいろいろな掲示板等見ても同様な会社のケースだと、売らなくて良いのに(株の余力が拘束され→追証回避の為)売らなければならなく必要以上に暴落した銘柄が多々ありました。

以上金融商品取引法および関係法令等法律上問題ないのかどうか?
——————-

アドバイスありがとうございます
参考にさせていただき、各所相談後
無事解決の方向に向かいそうなので、そろそろ締め切りたいと思います。
今回の震災で困っている方の為に書いておきますが
●約款に書いてない事はやはり違法との事です。
ちなみに、約款は監督官庁で保存し変更の度に届出を受けているのかと
安心していましたが、全く保管はしてないとの事です。

↑結果

損失補てんできず

マルサ)
当たり前だろ!!
天国見せられる → 地獄
のパターン

m9(^Д^)プギャー
メシウマ!!