ギャンブラーの短いトレード人生

長いこと地の底で過ごし、ちょっとした偶然から日の当たるところにデビューするや否やすぐに死亡してゆく、まるで夏のセミのごときギャンブラー達の短いトレードの人生は、こんな感じです。

1.偶然勝ちが続いてしまう(始まり)
   ↓
2.トレード手法を鼻高々に語るようになる
   ↓
3.信者が発生し始め、自分が世界を動かしているかのように錯覚する。
   ↓
4.人生観を賢者目線で語り始める。マイ格言を出しては陶酔する。
   ↓
5.雑誌の取材の受け答えなどを妄想し始める。
   ↓
6.負けが立て込み始めるも、今までの通りで行けると発言する
   ↓
7.来るべくしてくる、大負けの波にのまれる。
   ↓
8.最後に未練たらたらの負け台詞で、撤退さようなら
   ↓
※ 1にもどる(ただし、大勝は無く、小勝ち・中負けを繰り返して、規模が小さくなっていく)