ギャンブラーの思考

その1:勝ったときのイメージしかない

ギャンブラーは勝ったときのイメージしか持ちません。勝ったときの高揚感が忘れられずにそうなる人もいれば、最初から無計画なご都合主義のため、そう考える人もいます。
「1万通貨で1円勝てば1万円の利益!これを毎日やれば遊んで暮らせる」などバカなことを考えるわけです。
1回も負けないんですかね?勝ちが負けより 1.5 倍あったとしても10戦で6勝4敗ですよ。これで食っていけるの??
そして逆に1日で1万負けたら、相当な高給取りじゃないと暮らしていけないよ。

その2:見たいものだけを見る

その1と同じです。ギャンブラーは、見たいものしか見ません。そして、見たいとおりの解釈しかしません。
自分の甘い考えを指摘されたら、「ホリエモンは・・」「ビルゲイツは・・」「バフェットは・・・」とピンポイントの成功例しか出しません。
1%未満の例を、例外としてではなく定説や真実の根拠として持ち出すような、意味が分からないご都合主義の思考回路を披露するのです。

危険なのは、この思想を持ったまま、まぐれで勝ってしまうことです。頭の中に巨大なお花畑を持つギャンブラーは、その結果を持って「才能」と結論付けます。
ここから先は言わずもがな、自称天才の転落人生の始まりです。あえて言えば、お笑いの才能が開花し始めたといえるでしょう。

その3:働かないでいいと思っている

ギャンブラーは、働かなくてもトレードだけで稼げる世界があって、自分はそれに挑戦していると思い込んでいます。
ギャンブラーは、働くことを「社畜」と定義して、働いて稼いでいる人を見下す傾向があります。
昔、パチプロなる人がいましたが、その人たちの人生をちゃんとトレースしたんですかね?

その4:強い社会的コンプレックスを持っている

これ!ギャンブラーのほとんどがこれ!
大した大学に出ていなければ「学歴社会はクソ」というし、仕事で評価が低ければ「社会は自分を正しく評価していない」と思い込みます。
それがこじれて、「どちらかと言えば、大衆は愚者、俺様は賢者」という、激しい思い込みが支配し始めます。
もちろん願望が表に姿を現しただけです。
「みんな YES マンだ。YES マンのほうが評価されるからな」
「ほとんどの人は周りに流されて動いている」
「労働をお金に帰るなんて投資的に見たらもったいない」
「それは社畜」「個性なき歯車」
など、わけのわからぬ賢者目線のオンパレード(笑)
「見返す」が口癖であり、本当のところは大義名分よりも「見返す」ことがギャンブルをする真の目的でなのです。
要は頑張ったことがないから、すぐに逆転して「俺の生き方が正しかっただろ」とでも言いたいのでしょう。
※ (見返す、って、実は誰もそんなに君を見てないよ、というのはまた別の話・・・w)

まあ、何にしても自分の過大評価がひどすぎるんですけどね。

その5:お金を稼ぐ明確な目的がない

ギャンブラーの本音は、劣等感払しょくである。だから、お金を稼ぐ明確な目的を言えない。
専業(無職)になったやつは特に答えに詰まる。やっと口にしたと思えば、
「お金を手に入れたら、仕事しないで遊んで暮らせるじゃん」

・・・いや、もう遊んで暮らしてるじゃん・・・

その6:妄想に浸る

ギャンブラーは、短期間でちょっとお金を稼ぐだけで、自分に才能があると思い込みます。
ひいては 、実は自分はすごい人だった、などと過去や現在を盛り始めます。
頭の中では近いうちにテレビ・雑誌の取材を妄想します。この妄想と現実を埋め合わせるために YouTube を開始します。
盛った話は、次第に嘘を支えるための嘘をつくうちにこじれてゆき、ついには破綻します。
人によっては、自分の嘘がいつの間にか頭の中で本当になっていることがあります。