ギャンブラーの心理変化

ギャンブラー達の心理変化はだいたいこんな感じです。

 

フェーズ① ギャンブルの世界に足を踏み入れたころ、自分は一般人よりも良い情報を得たと思い、一段階上の生活ができると思い込む

   ちなみにデスブログで紹介した人は誰一人例外がいない。誰一人、危ない世界に入ったことに気が付かない。自分は大丈夫だと思い込む。

 

フェーズ② 損失が確実になることがちらつくと、まず現状を受け入れない。「何らかの変化が起きて最終的には助かるはずだ」と思うようにする。同時に、そうでない意見を積極的に否定し始める。

 

フェーズ③ 損失を受け入れ始めると、なぜ自分がこんな目に合うのか、自分の紹介者が詐欺じゃないのか、会社が詐欺じゃないのか、と理不尽な理由を挙げては周りに怒りをぶつける

 

フェーズ④ 怒りの空回りが進むと、今度は何とか被害を最小限にしようと懇願する。「何でもするから助けてほしい」「攻めて元本だけでも返してほしい」など様々。

 

フェーズ⑤ 怒りも届かず、最小限措置も単なる願望であり具体的な手段がないことに気づくと、すべての抵抗が無駄だと認識し始める。

   自分の無力さに絶望感を感じる。悲観的なコメントが増える。

 

フェーズ⑥ 損失と現状を受け入れ、そして何より自分の浅はかさを受け入れ、負債ありきの今後の生活を考える。自殺するものは実際には少数である。